蛍光灯「昼光色」「昼白色」「電球色」どの色を買うかで迷ったらこの色を選ぼう

蛍光灯の色による明るさの違い

各部屋にマッチした蛍光色

前ページ の基本を抑えた上で、部屋ごとの蛍光灯の選び方を見てみることにする。

以下、「昼光色」「昼白色」「電球色」と色分けする。

一般的な部屋であれば、ほとんどの場合、太陽光に最も近い「昼白色」を選べば問題ないが、用途によっては別の色を選んだ方が良い場合もある。

居間など、日常的に使う部屋

通常は「昼白色」でよい。

キッチン(台所)・ダイニング

「昼白色」が良い。

「昼白色」は、食品をナチュラルな色で見ることができる。

逆に「昼光色」は選ぶべきではない。
「昼光色」は青みがかった光であり、青は食欲を減退させる色でもあるからだ。

ダイエットや食事制限を考えている方ならば、「昼光色」でも良いかもしれない。

化粧部屋

「昼白色」を選ぶべきだろう。

化粧部屋は「人が見る自分」を作る部屋だ。太陽光に最も近い「昼白色」のもとで化粧すべきである。

寝室・読書室

「電球色」「昼白色」が良いだろう。

電球色は目が疲れにくく、落ち着きの出る色だからだ。
人によっては「昼白色」の方が落ち着くという人もいるので、その辺は好みで選べばよい。

仕事部屋

仕事の内容によるが、
「昼白色」「昼光色」が良いだろう。

「昼光色」は光が強いため、手元まで明るく見え、細かい作業に向く。
ただし、目が疲れやすくなるため、長時間の仕事には向かない。

長時間の作業になるなら「昼白色」の方が効率は良いかもしれない。

次のページ では、
通路(廊下・玄関)・トイレや風呂など。

スポンサーリンク