映画「エリジウム」(マット・デイモン主演)のアレコレ

エリジウム

個人的に、ここ数年で観た映画の中では、かなりの傑作の部類。

面白いので、思わず何回も繰り返し観てしまった。

何度も観てるがゆえに、いろいろと気になった部分もあるので、
(ネタバレが無い範囲で)それを列挙してみる。

ニール・ブロムカンプ監督による大作「エリジウム」

まだ35歳という若さのニール・ブロムカンプ監督。
映画の制作は「エリジウム」で5作目。

前作の「第9地区」が大ヒットしたので、
その収入で今作は、マット・デイモン ジョディ・フォスター などなど、
大物俳優を出演させることが出来たんだろう、たぶん・・・

ロケット・ランチャー

まず、気になるのは、↓ この手持ちのロケット・ランチャー

エリジウムのロケット・ランチャー

全くの無反動で、大気圏外の宇宙船を攻撃しているw

地上から大気圏外の物体を攻撃するなら、
少なくとも、このロケットは瞬間的に時速28,400km以上加速する必要がある。

無反動で発射してるが、無反動砲に特有の後ろへの噴射がないので、
おそらく、VLS(垂直発射装置)のコールドローチンに近いタイプなんだろう。

つまり、ガスでロケットを放出して、その後に、ロケット点火っていう方式。

だが、小さなロケットなので、時速28,400km以上は難しいなw

レールガン(電磁加速砲)みたいな技術で加速してるのかなぁ?謎だw

細かい部分に日本がある

ところどころに、日本的な要素が見られるってのも、なかなか良い。

日本刀

エリジウムの日本刀

普段は背中に背負ってるので、忍者タイプですな。

手裏剣

手裏剣

完全に忍者w

もちろん、ただの手裏剣ではない。刺した後に抜くと爆発する特殊な爆弾内蔵なので強烈。

桜舞い散る中での決闘

桜舞い散る中での決闘その1

桜舞い散る中での決闘その2

桜は小さいが桜吹雪は多い。
しかも、桜以外の背景は機械だらけw

煙の出るPC

おそらくデータを消去したであろう瞬間に
キーボードのEnterキーを押しただけで、煙が出ている

エリジウムのセキュリティPC

データを消去しただけで、物理的に内部を焼却破壊してるのか?
セキュリティ万全だなw

パワード・スーツ

主人公が装着している、この ↓ パワードスーツ

エリジウムのパワードスーツ

骨にボルトで固定

完全に骨にボルトで固定してしまっている。しかも、服の上から・・・

服、脱げねー (´Д`)

謎の薬マイポロール

マイポロールという名前の薬が出てくる。
死ぬまで、身体機能を維持させることが出来るらしい。

マイポロール

全く聞いたことのない薬名だったので、思わず、Google先生で調べてしまった。
もちろん架空の薬でしたw

子役似すぎw

Before

エリジウムの子役

After

マット・デイモン

似てるw
よく、マット・デイモンにこれだけ似た子役探してきたなー

シャールト・コプリー

俳優 シャールト・コプリー さん。今まで全然知らん俳優さんだったけど、
「第9地区」と「エリジウム」で初めて知った。

上:「エリジウム」、下:「第9地区」

エリジウムのシャールト・コプリー

第9地区のシャールト・コプリー

最初、同一人物とは思わなかった・・・

ジョディ・フォスター

ジョディ・フォスター

うーん、失礼ではあるが、さすがに老けたな・・・ってオモタ
もう52歳になられたんですねー

・・・以上、「エリジウム」のアレコレでした。