蛍光灯「昼光色」「昼白色」「電球色」どの色を買うかで迷ったらこの色を選ぼう

蛍光灯の色による明るさの違い

部屋・キッチン(台所)・化粧室・仕事場・廊下・トイレ・風呂・玄関

それぞれで、どの色の蛍光灯を買えば良いか?

蛍光灯の色に関する基本

蛍光灯には、色温度というものがあり、だいたい以下のように分類される。

色温度

名称英名色温度(単位:ケルビン)
電球色warm white約3000 K
温白色natural white約3500 K
白色cool white約4100 K
昼白色sunshine color約5000 K
昼光色daylight color約6500 K

このうち、一般に蛍光灯として販売されているのは「昼光色」「昼白色」「電球色」である。

そして、最も太陽光に近いのは「昼白色」であり、人間にとって最も慣れた色であるため、ほとんどの場合に無難な色は「昼白色」であると言える。

用途別による蛍光灯の選び方

屋内のそれぞれの場所で、どの色を選ぶかは、好みの問題もあるが、おおよそ以下のようなメリット・デメリットを知った上で選ぶのが良い。

名称メリット・デメリット
電球色比較的暗めだが、暖かみがあり、落ち着きのある色。目が疲れにくい。
昼白色太陽光に最も近い。人間にとって、最も慣れた光の色。
昼光色青みがかった明るい色。細かい部分まで見やすいが、目が疲れやすい。

次ページ から、
部屋・キッチン(台所)・化粧室・仕事場・廊下・トイレ・風呂・玄関 など、場所ごとに、どの色を選ぶべきかを解説する。