映画トロン:レガシーのコマンド解説

主人公・サム・フリンが打つコマンド

主人公・サム・フリンは、失踪した父親が経営していたゲーム・センター内にある隠し部屋を発見する。その隠し部屋にあった端末に向かうサム ↓

端末を眺めるサム・フリン

サムは、端末にコマンドを入力していく。

サムが端末にキーを入力するシーン

最初にサムが入力したコマンドは以下である。

whoami コマンドを入力

$ whoami
flynn
$

whoami というのは、現在ログイン中のユーザー名を表示するコマンド。
このコマンドにより、ログインユーザー名が「flynn」であることが分かる。

flynn とは、主人公サム・フリンの父親・ケヴィン・フリンのユーザー名であり、この whoami コマンドにより、「この端末を最後に操作していたのは、父親である」ということが判明したのだ。

次にサムが入力したコマンドは以下である ↓

管理者権限でログインできるかを試すサム

$ uname -a
SolarOS 4.0.1 Generic_50203-02 sun4m i386
Unknown.Unknown
$ login -n root
Login incorrect
login:

「uname -a」とは、システムの全情報を表示するコマンドだが、ここでは、特に意味はなさそうだ。とりあえず、「SolarOS(ソーラーOS)という OS を使ったシステムである」程度のことしか分からない。

次に入力した「login -n root」とは、管理者権限でログインすることを試してみたコマンドである。
しかし、「Login incorrect」(不正なログイン)と表示されて、ログインには失敗している。

そこで、サムが次に試したのが、以下のコマンド。

バックドアからの侵入を試みるサム

login: backdoor
No home directory specified in password file!
Logging in wwwith home=/
#

コマンドというより、単に「backdoor」というユーザー名を入力しただけ。

通常、こんな分かりやすい名前で、なおかつパスワードすら入力せずに管理者権限になれるわけがないのだが、「映画のストーリーを進行させるため」にユルユルのセキュリティ状態になっているだけのようだw

次のページへ