映画トロン:レガシーのコマンド解説

主人公サムの父親・ケヴィンが打ったコマンド

めでたく、管理者権限でログインできた主人公のサム・フリンは、次に以下のコマンドを入力する。

history コマンドを入力するサム

# bin/history
  488 cd /opt/LLL/controller/laser/
  489 vi LLLSDLaserControl.c
  490 make
  491 make install
  492 ./sanity_check
  493 ./configure -o test.cfg
  494 vi test.cfg
  495 vi ~/last_will_and_testament.txt
  496 cat /proc/meminfo
  497 ps -a -x -u
  498 kill -9 2207
  499 kill 2208
  500 ps -a -x -u
  501 touch /opt/LLL/run/ok
  502 LLLSDLaserControl -ok 1
#
bin/history

とは、これまでに入力されたコマンドの履歴を表示するコマンドである。

488 などの数字は行数を表し、その後ろが、これまでに父親・ケヴィン・フリンが以前に入力したコマンドだということが分かる。

父・ケヴィン・フリンが過去に入力したコマンドの解説は以下の通り。

cd /opt/LLL/controller/laser/
# ↑ /opt/LLL/controller/laser/ というディレクトリ(フォルダ)に移動

vi LLLSDLaserControl.c
# ↑ テキストエディタで LLLSDLaserControl.c というファイルを開き中身を編集

make
# ↑ LLLSDLaserControl.c を書き換えたので LLLSDLaserControl という名前のプログラムをコンパイル(再構築)

make install
# ↑ 構築した LLLSDLaserControl という名前のプログラムをインストール

./sanity_check
# ↑ プログラムが正常かをチェック

./configure -o test.cfg
# ↑ プログラムの設定ファイル(test.cfg)を書き込む

vi test.cfg
# ↑ プログラムの設定ファイル(test.cfg)をテキストエディタで開き、中身を確認

vi ~/last_will_and_testament.txt
# ↑ よく分からんが、last_will_and_testament.txt というファイルをテキストエディタで開いて中身を確認

cat /proc/meminfo
# ↑ メモリの状態を確認

ps -a -x -u
# ↑ プロセスの状態を確認

kill -9 2207
kill 2208
# ↑ プロセスの中で不要なプロセスを強制終了

ps -a -x -u
# ↑ プロセスがちゃんと終了したかどうかを確認

touch /opt/LLL/run/ok
# ↑ ok という名前のファイルを作成(たぶんプログラムの起動に必要なのだろう)

LLLSDLaserControl -ok 1
# ↑ 先ほど構築した、LLLSDLaserControl というプログラムを起動

過去の父親が打ち込んだ「最後のコマンド」は「LLLSDLaserControl -ok 1」であることが判明した。

そして、主人公サム・フリンは、このコマンドを入力する。そして・・・

Aperture clear ?

↑「Aperture clear ?」(開口部を開きますか?)という謎の確認メッセージ。

この確認メッセージを、特に気にする様子もなく「Yes」を選択する主人公は、

デジタル化する主人公サム

真後ろにあった、物質電子変換装置のビーム放射を受けて、コンピューター内部世界「グリッド」へと送り込まれてしまう。。。

動画

以上、映画トロン:レガシーのコマンド解説でした。